1. Home
  2. 暮らし術
  3. 「一セットの服」で自分を好きになる
  4. 服を「買えない人」も「買いすぎる人」も、...

「一セットの服」で自分を好きになる

2024.07.04 公開 ポスト

服を「買えない人」も「買いすぎる人」も、満足なクローゼットを作れない原因あきやあさみ

「一年3セットの服で生きる」スタイリスト、あきやあさみさんの新刊『「一セットの服」で自分を好きになる』は、自信をもって生きるために、心を満たす服をまず「一セット」つくりましょう、という提案。7月6日(土)には、服を人生の味方にする実践的な講座を開催します。あきやさんの提案する服との付き合い方とは? 新刊より「練習」にまつわるパートを抜粋してご紹介します。

「ナンバーワン」を決める練習

みなさんはご自身にとっての「ナンバーワンの服」を決めるのは得意ですか?

持ち物すべてに愛着がある方もいらっしゃると思いますし、どれも大事なオンリーワン。「お洋服に順位をつけるなんてナンセンスだな」と思うかもしれません。

かし、ファッションと向き合う際に、「自分の中でのナンバーワンを決めてみること」は大切なこと。健やかな状態のクローゼットを作るうえで、とてもいい練習になります。

あなたは「買えない派」? 「買いすぎる派」?

心地よいクローゼットを作るためには、「決断力」が必要です。決められないと、お買い物や服を手放す場面で、なかなか前に進めないからです。
 

例えばBさんは、ショッピングに出かけて「買うものが決められず帰ってきてしまった」、Cさんは「悩んでしまったからトップスを一度に10着買ってしまった」なんてことがあるとします。

Bさんは「失敗が怖くていつまで経ってもお気に入りの服を手に入れられない」=結局気に入っていない服を着て過ごしている状態。

Cさんは「家に服が溢れていて、毎朝迷ってしまう」=まあまあ好きな服はクローゼットにあるけれど、毎日の服装に満足はしていない状態。

というモヤモヤクローゼットになりがちです。

 

持っている服を手放すときも同じような悩みが出てきます。

Bさんは「この服、もうボロボロで手放したいけれど、次の服がない」、

Cさんは「いっぱい好きなものがありすぎて、結局着ていない服がたくさん眠っている」、

ということに悩んでしまっているのです。

 

BさんとCさんのお悩みは一見違うようですが、

Bさんは「思い切って買うという決断ができない」、

Cさんは「少数に絞るという決断ができない」、

と、どちらも「決められない」ゆえの悩みなのです。

ナンバーワンを決めると自分の「こだわりポイント」が明確になる

そんな風に「私は決断力がないな……」という自覚がある人におすすめなのが「ナンバーワンを決める練習」です。今、あなたのクローゼットにあるもので各アイテムのナンバーワンを決めてみましょう!

ナンバーワンの靴、ナンバーワンのバッグ、ナンバーワンの指輪、ナンバーワンのコート、ナンバーワンのボトムス、ナンバーワンのトップス。それぞれ選んでみてください。


基準はそれぞれのアイテムごとに、自分で考えてみましょう。一番好きでも、一番似合うでも、一番着心地がよいでも、なんでも自由に考えてみてください。

そしてナンバーワンを決めたらその横に「理由」を書き添えましょう。

例えば、

「このバッグは軽くて色が好きでデザインがかっこいいからナンバーワン」

「このスカートは洗えて、着心地がよくて、合わせやすくて、下半身がスッキリして見えるからナンバーワン」

こんな感じです。

自らの言葉で語ってみると、アイテムごとの譲れない要素や大事にしたいこだわりポイントが見えてきます

*   *   *

つづきは、『「一セットの服」で自分を好きになる」をご覧ください。

7月6日(土)には、あきやあさみさん講座「“なりたい自分”はどんな服を着る?練習から始めよう!」を開催!

会場チケットは完売ですが、オンラインはまだまだ受付中です。内容・申し込み方法は幻冬舎大学のページをご覧ください。

関連書籍

あきやあさみ『「一セットの服」で自分を好きになる』

服は、なりたい自分。毎日、違う服を着なくていい。 一年3セットの服で生きる、人気スタイリストが伝授する、 服を味方にして人生を動かす方法 心を満たす服がひとつあれば、自信を持って生きられる。 ●新しい服よりも必要なのは「全身鏡」。外出先で自分にガッカリしなくなる ●服を「買えない人」も「買いすぎる人」も実は「決められない」ことが原因 ●手持ちの靴、バッグ、アクセサリーで「自分のナンバーワン」を決めてみる ●気に入ったものは「持ってるだけ」でもいい ●自分にとっての「意外な服の試着」が未来を変える ●服選びとは「自分を大切にする」こと… 「自分に必要な服」「自分の可能性を広げる服」が見つかる一冊。

あきやあさみ『一年3セットの服で生きる 「制服化」という最高の方法』

服選びの苦しみからさっさと抜けだそう! 一年3セットの服で過ごす、人気スタイリストによる、 少しの服で「自分らしさ」を作る方法 たくさんの服に時間とお金をかけて着まわすよりも、自分が納得できる同じ服を何回も着る方が、おしゃれで自信のある人に見えるのです! ・まず着ない服を決める ・靴は「自己評価」だと思って選ぶ ・バッグは「自己紹介」だと思って選ぶ ・アクセサリーは「アイデンティティ」だと思って身につける ・季節の始まりは断服式から ・服は愛せる数だけ持つ ・選び抜いた「自分だけの制服」は、人生を豊かにする最初の突破口 制服化のためのアイデアをまとめたイラスト解説付き。

{ この記事をシェアする }

「一セットの服」で自分を好きになる

「一年3セットの服で生きる」スタイリスト、あきやあさみさんの2冊目の本『「一セットの服」で自分を好きになる』について

バックナンバー

あきやあさみ

一年3セットの服だけで生きる制服化スタイリスト。1985年、東京生まれ。2008年、日本女子大学家政学部被服学科卒業後、都内百貨店に入社。パーソナルスタイリスト、セレクトショップバイヤーを経験後、2018年に退社しファッションスタイリストとして独立。独特なファッション論を情熱的に語るnoteが評判となり、そのスピリッツとノウハウをまとめたはじめての本『一年3セットの服で生きる』(幻冬舎)を出版。新刊『「一セットの服>で自分を好きになる』ではさらに深化した手法を伝授。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP